メンテナンスで感染症予防 - 口腔細菌がウイルスにも影響 | 波多野デンタルオフィス新都心 - 波多野デンタルオフィス新都心

MENU

波多野デンタルオフィス新都心

TEL 048-643-8020

埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-263-8

HATANO
DENTAL LIFE
波多野デンタルオフィス新都心

HATANO LIFE vol1. ラインで配信中 友達追加はこちら
セフルケア(自宅で行う)×プロフェッショナルケア(歯科医院で行う)で感染予防をしましょう! セフルケア(自宅で行う)×プロフェッショナルケア(歯科医院で行う)で感染予防をしましょう!
歯科衛生士

新型コロナ感染症に備え、一人ひとりができる対策が求められていますが、感染症対策としてお口のメンテナンスが注目を集めています。
withコロナ時代を乗り切るため、そして、生涯ご自身の歯で噛めるよう歯の健康を維持するため。定期的なメンテナンスをおすすめしています。

お口の中が不衛生では、感染リスクが高まります

歯ブラシをする家族の光景

近年は、お口の健康が全身の健康に影響していることがわかってきていますが、感染症も同様です。口腔細菌が、ウイルスの感染力を高めることがわかっています。
口腔細菌が生成する酵素が、ウイルスの体内への侵入を助けてしまうのです。
口腔細菌がインフルエンザの感染促進に深く関わっていて、抗インフルエンザ薬の効果を低下させることがわかっています。そして、口腔細菌がコロナウイルスにおいても感染リスクに影響すると考えられています。
ウイルスの入口となる、口腔の細菌を減らし、衛生的に維持することが、健康維持において重要です。

細菌はコロナウイルス感染症の重症化にも影響

コロナウイルスと口

ウイルス感染は、ウイルスが「レセプター」というタンパク質(ACE2受容体)に結合し、体内に侵入します。
このレセプターは、体内の様々な箇所に存在していますが、コロナウイルス感染の受容体が舌にも多く存在しているため、口からのウイルス侵入を防ぐことが大切となります。

口腔細菌を減らすことはもちろん、舌の付着物(舌苔)に潜んでいる細菌を減らすため、舌清掃を含めたお口の衛生管理が有効でしょう。

参考:<新型コロナウイルス感染症について(COVID-19)日本歯科医学会連合>
歯科の急性疾患対応と慢性的疾患対応について

しっかり噛める歯を維持する事が免疫力低下防止に

ご飯を食べながら頬を抑える老人

感染症対策において、免疫力を高めることも有効ですが、免疫力には栄養バランスが大きく影響します。そして、噛むための健康な歯を守ることが、バランスの良い食生活には欠かせません。
咀嚼力が低下すると、やわらかい食品を好むようになり、タンパク質を多く含む咀嚼が必要な食品を避ける傾向があるのです。そのため、歯を失い噛めなくなると、低栄養を招きやすくなります。

栄養バランスの良い食事と免疫力アップのためにも、しっかり噛める歯を維持することが大切です。
歯が抜けたままになっていたり、不適合の入れ歯で噛めなかったりする方は、適切な治療を受けて、噛む機能を高めることが大切です。

参考:<新型コロナウイルス感染症について(COVID-19)日本歯科医学会連合>
歯科の急性疾患対応と慢性的疾患対応について

健康で衛生的な口腔を
維持するための
メンテナンスを
ご提供しています

当院のメンテナンスは、単にクリーニングを行い、お口の中の細菌数を減らすだけのものではありません。
健康と口腔機能を維持するためのメンテナンスをご提供しています。

当院のメンテナンス3つのポイント

検査

検査に基づき、リスクに応じたメンテナンスをご提供します。

ブラッシング指導

予防の基本である、セルフケアの質を高めます。

正しい噛み合わせ

口腔機能性・健康維持のため、理論に基づいて調整します。

当院のメンテナンスは、セルフケアやお口の健康に関する正しい知識を習得していただく、「教育」という側面を重視しています。正しいブラッシングを身に付け、セルフケアの質を高め、健康を守る力を身に付けていただくサポートも行っています。

メンテナンスのためにお越しください

痛みや不具合が出てから受診するのではなく、健康維持のため、メンテナンスで受診いただきたいと強く願います。長期的にお口の健康を守り、全身の健康や豊かな生活につながるよう、質の高いメンテナンスのご提供に努めてまいります。